樹海のマル秘珍宝 VS ふんわり珍宝(v8.83) | ぼくらのアイランド

ぼくらのアイランド

バザー2階にEXP増幅っちが追加されましたねー。

がばぐいが楽になり、レベル上げてマッチョケイブがやりやすくなりました。

といっても、牛乳野菜に大量神器投入は躊躇っている、いやまだ神器100万しか溜まってもないんで振れないんで、マッチョケイブは必要と感じる分だけこなして保留中です。

神器が500万個集まった時点で、マッチョケイブが活きていたらやるかもって予定です。

ツルノタカシとレベルでのマッチョケイブは、工程がなかなか重ならないので、とてもじゃないけど同時進行はできないですねー。

チンノウンシャード

  1. ダイヤガチャ(青衝撃)
  2. ポコデーモン(グレイトな金塊)
  3. シークレットガチャ(ジョーカーカード)
  4. 穴神穴コイン交換機(神の研磨剤、亜美の塗料
  5. ツルノタカシ(チンノウンシャード)

ラーメン

  1. ポコノ彫刻(ポコニウム)
  2. 亜天空ムニエル(先祖代々の出汁)
  3. ラーメン調理器具(ラーメン)

意外と工程が多い(ラーメンはたくさん作って無くなるまでやらなくて良いけど)

ツルノタカシ珍宝からの樹海のマル秘珍宝ですが、ジョーカーカードは入手しやすくなることに期待してガンガン使っています。

先に穴神穴上位の交換品要求が来たら泣けばいい。

あと、前回の記事で現時点でチンノウン珍宝100個くらいが限界かなとと書きましたが、100個も遠かった。

樹海のマル秘珍宝 VS ふんわり珍宝

樹海のマル秘珍宝は十分美味しいのだけど、賽銭箱が実装されてから定期的にちょいちょいよぎる、ふんわり珍宝の存在。

樹海のマル秘珍宝(珍宝ガチャチケット)はどうしてもブンマワイザーの消化時間が残りますけど、(みそっちコイン)はバザー2階で一気に消化できるってのが魅力。

まあ、満足できる数になるまでが大変過ぎるのですけど、賽銭箱実装から多くの時間を賽銭箱に割いてきていた方が良かったのでは?とも考えてしまいます。

過去にちょいちょい賽銭箱も回していて、今はサンタの珍宝2000個といったところ。

サンタの珍宝1000個でふんわり珍宝が1日あたり約28個。
以前考えた時の計算では最低でもサンタの珍宝が5万個以上はないとお話にならないなという印象でしたが(サンタの珍宝が5万個は賽銭箱特化のひとなら十分持ってる数でもある)、サンタ1万個でふんわり珍宝の増加量が1日280個。

サンタの珍宝が1万個にして1ヶ月経てばふんわり珍宝8400個。

コスト40の珍宝で210個分か。

ん、ということはふんわり珍宝8400個は樹海のマル秘珍宝210個相当ってところなのかな。

んー、樹海のマル秘珍宝210個なんてスグよの。計算するまでもなく差は歴然ぽいですね。

これは、どちらかかなら樹海のマル秘珍宝集め一択。

先々でブンマワイザーが強化される可能性もあり、消化時間も短縮できるかもしれない。

過程で得られる副産物も全然違う(賽銭箱はもうお正月ポイント・ネオしか価値がない)。

更には賽銭箱が強化されたりする可能性を考えると今やるべきではないかな。